つくば市議会議員 金子かずお
金子さん町を歩く
週刊・新社会つくば 金子さん町を歩く 議会報告

にがおえ トップのページ


福島原発事故の自主避難者の支援が打ち切られる

2017.03.05

 東京電力福島第一原発の事故は、3月11日に発生から6年目を数えます。

 原発事故は事故収束の見通しも立っておらず、政府の原子力緊急事態宣言はいまだに解除されていません。

 にも拘らず、政府の原子力災害対策本部は「福島復興加速化指針」のもとに帰還困難区域を除き、いまだ空間線量が高く国際基準では居住不可能とされている避難指示区域を遅くとも2017年3月までに解除し、精神的賠償を2018年3月打ち切りという方針を打ち出しています。
そのことは原発事故被害者にとっては、大きな打撃になっています。

 また、現在実施されている避難指示区域外からの避難者への無償住宅提供も2017年3月に打ち切ると発表しました。  自主避難者は避難指示区域指定の解除により、本来は強制避難者であるべき方々が自主避難者にされるため、増え続けることになります。

 自らは何の過失もないのに、原発事故のために故郷から逃れてきた避難者の支援を打ち切るのは、人権無視の行為ではないでしょうか。

 つくば市議会では被災者支援延長の意見書を国に提出し、適切で十分な支援策、自主避難者の居住継続を保障、抜本的・継続的な支援制度の確立について国、福島県、茨城県に対応を強く求めています。

 皆様のご理解とご支援、よろしくお願いいたします。

つくば市議会議員
金子かずお






更新記録
[17/5/3]
週刊・新社会つくば
1,022号.1,023号.1,024号.1,025号をアップしました。

[17/4/29]
週刊・新社会つくば
1,019号,1,020号,1,021号をアップしました。
[17/4/25]
週刊・新社会つくば
1,018号をアップしました。
[17/4/24]
週刊・新社会つくば
1,017号をアップしました。
[17/3/5]
週刊・新社会つくば
1,015号、1,016号をアップしました。
[17/2/18]
週刊・新社会つくば
1,013号、1,014号をアップしました。

【随時、ブログ更新してます】
意見箱
金子かずおへのご意見、ご要望、ご質問など、ぜひお聞かせください
☆お名前

☆メールアドレス

(確認用)
☆メッセージ

  

このサイトについて
横800ピクセル以上のディスプレイで快適にご覧いただけます。

(c) Kaneko Kazuo 2008-