つくば市議会議員 金子かずお
週刊・新社会つくば 金子さん町を歩く 議会報告

週刊・新社会つくば
2021年2月16日 第1,198号 発行:新社会党つくば支部

つくば市議会
 3月定例市議会が開催される


 つくば市議会の三月定例市議会が昨日の15日から始まりました。

 三月議会の会期は2月15日から3月19日までの期間で開催されます。昨年10月25日に実施された市議会議員選挙後の新しいメンバーでの代表質問と一般質問が実施されます。

 つくば市議会では、3人以上の会派から代表質問ができる事となり、今回は、つくば自民党・新しい風、自民党政清クラブ、公明党つくば、つくば・市民ネットの各会派より行われます。


つくば市議会
金子かずお議員の一般質問は

 2021年の3月議会での金子かずお議員の一般質問の内容であります。つくば駅周辺の市街地の活性化が叫ばれてきていますが、@つくばセンタービル周辺のリニューアルについて。A1992年に福祉都市宣言を実施したが、民営化が進む中での取組について。B多様化が求められる特別支援教育について。 C筑波地区で行われている支線型バスの実証実験について。Dワクチン接種へと進む新型コロナウイルス対策について。などについて執行部の政策について質してまいります。



議会報告・一般質問から

市長公約事業B


 市長公約事業のロードマップ2020が示されたことにより事業の経過と成果について1196号、1197号で報告をしています。今号も引き続きの報告となります。

質問・金子かずお議員

 おはようございます。聞きづらいことがあるかもしれません。また、マスクを着用すると聞きづらいので、その間だけ少し我慢していただきたいと思います。質問は下記の七項目になります。

 まず、1番目に、市長公約事業のロードマップについてお尋ねしたいと思います。

 先の6月定例会において、市長公約事業のロードマップが改めて示されました。公約事業82事業について、到達度合いを年度ごとの実施内容等も明らかにして進行管理をすることとしているが、本日は市長公約事業のロードマップ2020改訂版が手元にありますので、報告書から7項目について、これまでの取組とその評価について伺いたいと思います。

 7項目を読み上げてみたいと思います。

 1番目といたしまして、運動公園検証チームによる徹底解明と今後のルールづくりについて、2番目といたしまして、自ら動く職員となるためのリーダーシップ開発プログラム導入について、3番目といたしまして、雨漏り修理や老朽化対策などの教育子育てインフラへの集中投資について、4番目、廃校跡地等を利用した高等支援学校誘致と、つくば特別支援学校の混雑緩和のための分校利用について、5番目といたしまして、安心できる住まいを確保するためのグループホームの設立推進について、6番目、市民に愛される新しい「市民図書館」を作るための、多世代・多分野の代表から成るプロジェクト開始について、7番目、公式記録が取れる陸上競技場の整備について、以上について、事業内容と評価の部分について質問いたしたいと思います。


教育施設の雨漏り修理や老朽化対策は

質問・金子かずお

雨漏り修理や老朽化対策などの教育子育てインフラへの集中投資について伺いたい。

答弁・教育局長

 学校施設の雨漏り修理や老朽化対策として、昨年度は竹園東小学校及び東小学校の屋上外壁改修工事を実施し、茎崎第一小学校、桜中学校及び二の宮幼稚園のトイレ改修工事を実施しました。

 本年度は、二の宮小学校、谷田部東中学校、大穂幼稚園のトイレ改修工事を実施し、あわせて今年度から2か年で上郷小学校、3か年で竹園西小学校の屋上外壁改修工事を実施します。

 今後は、雨漏りを含む施設の老朽化対策について、今年度末に策定予定の学校施設長寿命化計画を基本に計画的に改修工事を実施します。




(c) Kaneko Kazuo 2009